九州は福岡で鹿島アントラーズを応援するブログです。 その他にもホークスのことや読書やオススメのお店のことなど。つらつらと。

アクセスカウンター 

プロフィール 

グリケン

Author:グリケン
ブログ名&テンプレ変更しました。
気持ちも新たに鹿島を応援中。

参加ブログランキング 

参加しているランキングサイトです。
よろしければ、↓クリック↓お願いします。





にほんブログ村 サッカーブログへ

カテゴリー 

最近のコメント 

最近の記事 

サイト値診断 

サイト売買のサイトストック

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

萩原さんの本、と言うことで興味はあったけど
ハードボイルド小説、と聞いていたので
ちょっと敬遠していたんだけど
思い切って買って見ました。

で、感想。
「面白かった!」

誤解してました。
確かにハードボイルドタッチなんだけど
その実、コメディ風のミステリー。

最初の1章でがっちり掴まれ
最後までのめりこみました。

謎解き云々は手の込んだものではなかったけど
笑いあり、涙あり、全体的に読みやすいストーリーでした。

なんといっても一人一人のキャラが立ってて
頭の中で想像しやすかったのがよかった。

個人的には「神様からひと言」よりも上。

これまた映像化希望の作品です。
きっと面白いドラマが出来ると思います。

キャスティングが結構重要になると思いますけどね。

スポンサーサイト
2006/11/29 15:51|読書TB:1CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
『ハードボイルド』について
ハードボイルドハードボイルド (hardboiled) とは、元来は「堅ゆで卵」(白身、黄身の両方ともしっかり凝固するまで茹でた鶏卵)のこと。転じて、感傷や恐怖などの感情に流されない、冷酷非情な、(精神的・肉体的に)強靭な、妥協しない、などの人間の性格を現す言葉となる
『小説なんでも大事典』 2007/04/07(土) 07:46

トラックバックURLはこちら
http://guriken.blog25.fc2.com/tb.php/861-15ac412a

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

秋春制移行反対!! 

Jリーグ冬開催反対 

鹿島系blogリスト 

MyBlogList 

リンク 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

Copyright(C) 2006 福鹿☆のーと All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。