九州は福岡で鹿島アントラーズを応援するブログです。 その他にもホークスのことや読書やオススメのお店のことなど。つらつらと。

アクセスカウンター 

プロフィール 

グリケン

Author:グリケン
ブログ名&テンプレ変更しました。
気持ちも新たに鹿島を応援中。

参加ブログランキング 

参加しているランキングサイトです。
よろしければ、↓クリック↓お願いします。





にほんブログ村 サッカーブログへ

カテゴリー 

最近のコメント 

最近の記事 

サイト値診断 

サイト売買のサイトストック

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

中坊の時、テニス部だったというのもあり、
テニスマガジンを読み漁ってた時期もありました。

寝不足になってもウインブルドンを見たり、
夏休みの朝は全米を見るために早起きをしたりしたモンです。

もちろん自分の目的は、ボリス・ベッカーであり、
沢松奈生子だったりしたわけですが、
アガシはその頃に鮮烈デビューしました。

「デニムパンツでウインブルドンに立つのか?」
「丸坊主にしたら意外と生え際が・・(以下、自主規制)」
「グラフと再婚」
などなど、プレー以外でも話題には事欠かなかった選手。

ニュースを見たりするたんびに
「まだがんばってるんだなぁ」と思ってたわけです。

今のテニス界のことはよくわかりませんが、
ボリス・ベッカー引退後、
カリスマ性を持ったプレイヤーはアガシだけだったのではないでしょうか?

自分が見続けていた世代の、
最後のプレイヤーの引退。

フラッシングメドウ(今は違うんですかね?)の
雰囲気は最高のものがありましたね。

外国人は本当に自然とああいう演出ができますね。
すばらしい!

何とも感慨深いですが、
応援し続けてきたファンの方にとっても特別な思いを抱く
特別な日になったのではないでしょうか?

本当にお疲れ様でした。
家族と、ゆっくりとした時間を過ごして
またテニス界に戻ってきてくれるといいですね。
二人のチャンプの血を引く
お子様のコーチとして。
(てか、子供いるのかな?テニスやらせてるのかなぁ??)

スポンサーサイト
2006/09/05 23:32|スポーツTB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://guriken.blog25.fc2.com/tb.php/768-d703c2c0

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

秋春制移行反対!! 

Jリーグ冬開催反対 

鹿島系blogリスト 

MyBlogList 

リンク 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

Copyright(C) 2006 福鹿☆のーと All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。