九州は福岡で鹿島アントラーズを応援するブログです。 その他にもホークスのことや読書やオススメのお店のことなど。つらつらと。

アクセスカウンター 

プロフィール 

グリケン

Author:グリケン
ブログ名&テンプレ変更しました。
気持ちも新たに鹿島を応援中。

参加ブログランキング 

参加しているランキングサイトです。
よろしければ、↓クリック↓お願いします。





にほんブログ村 サッカーブログへ

カテゴリー 

最近のコメント 

最近の記事 

サイト値診断 

サイト売買のサイトストック

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

ベスト16で当たるのが惜しかったドイツとイングランドの試合。

結果はまさかの4-1でドイツの大勝。

相手のすきを見逃さなかった1点目、
体制を崩しながらも難しいシュートをしっかり決めた2点目。
相手のFKとCKから見事なカウンターで奪った3点目、4点目。

ルーニーに仕事をさせなかった守備陣
ジェラードを中心としたいくつかの決定機を見事に防いだGK(とゴールポスト)。
途中、まったくイングランドを寄せ付けないボール回しができるチーム力。


仮に、あのランパードのシュートが認められていたとしても
きっと、ドイツの勝利は間違いなかったと思う。

それほどの強さ。
エジルやらミューラーって、すごいわ、地味やけど。

決勝までの道のりも見えてきたのではないかと思う。
次にアルゼンチンと当たるのがこれまた惜しいし、楽しみでもある。
(まだわからんけど。)




しかし。

しかし、それでも、あの誤審がなければ、と思わざるを得ないほどの
明らかな誤審。


W杯の、この舞台、このカードで。
あまりにも残念な誤審であったと。


イングランドチームとサポーターの無念さには同情を禁じえません・・・
スポンサーサイト
2010/06/28 01:01|アントラーズ(&サッカー)TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://guriken.blog25.fc2.com/tb.php/1565-e95c5225

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

秋春制移行反対!! 

Jリーグ冬開催反対 

鹿島系blogリスト 

MyBlogList 

リンク 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

Copyright(C) 2006 福鹿☆のーと All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。