九州は福岡で鹿島アントラーズを応援するブログです。 その他にもホークスのことや読書やオススメのお店のことなど。つらつらと。

アクセスカウンター 

プロフィール 

グリケン

Author:グリケン
ブログ名&テンプレ変更しました。
気持ちも新たに鹿島を応援中。

参加ブログランキング 

参加しているランキングサイトです。
よろしければ、↓クリック↓お願いします。





にほんブログ村 サッカーブログへ

カテゴリー 

最近のコメント 

最近の記事 

サイト値診断 

サイト売買のサイトストック

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

「ジーコ備忘録」に引き続いて読了。

「山本昌邦備忘録」みたいな感じかな、と思って
読み進めていましたが
トルシエに対しての山本さんとは
またちょっと違った立場・位置・距離から
“選手”として、“代表監督”として
そして“一人の人間”としてのジーコを
見ていた通訳・鈴木さんの著書。


ともすれば、言い訳とも取られかねないジーコ備忘録に対して
本書ではジーコがいかに日本サッカー界に貢献してくれたか、
いかに日本サッカーのことを考えてくれていたかが
身近に居続けた第3者の目線で記されており
改めてジーコの素晴らしさ認識させてくれる本だと思いました。



次のW杯が始まろうかしている頃なのでタイミングが悪かったな、と思いますが
サッカーファンにはぜひ一度読んでもらいたい一冊です。
スポンサーサイト
2010/04/29 01:11|読書TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://guriken.blog25.fc2.com/tb.php/1533-6a5e431b

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

秋春制移行反対!! 

Jリーグ冬開催反対 

鹿島系blogリスト 

MyBlogList 

リンク 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

Copyright(C) 2006 福鹿☆のーと All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。