九州は福岡で鹿島アントラーズを応援するブログです。 その他にもホークスのことや読書やオススメのお店のことなど。つらつらと。

アクセスカウンター 

プロフィール 

グリケン

Author:グリケン
ブログ名&テンプレ変更しました。
気持ちも新たに鹿島を応援中。

参加ブログランキング 

参加しているランキングサイトです。
よろしければ、↓クリック↓お願いします。





にほんブログ村 サッカーブログへ

カテゴリー 

最近のコメント 

最近の記事 

サイト値診断 

サイト売買のサイトストック

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

「冷静と情熱のあいだ」のrossoを読まねば、と思いつつ
bluが個人的にはイマイチだったので
つい別の作家さんの作品に手を出してしまいました。

これまたいつか映画を見たいと思っていた
「椿山課長の七日間」。
初の浅田作品です。


一言で言えば「読みやすく、ジーンと来る作品」でした。

登場人物が意外な形で繋がっているところは
若干強引ではありましたが、面白かったですね。

各人のエピソードがしっかりと描かれ
それぞれに感動しました。

個人的には武田の親分の話が一番好きかな?
さすがに無理ですが、親とは斯くありたい、と思いました。

主人公(?)である椿山課長の境遇が
一番かわいそうだったと思うのですが(笑)
懐の深さには感服です。

死後の世界というのは怖いものですが
せめてこういうものだったらいいなー、と思える作品でした。

次も浅田作品読もうかなー。
スポンサーサイト
2008/04/27 23:20|読書TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://guriken.blog25.fc2.com/tb.php/1145-a8b1b3fe

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

秋春制移行反対!! 

Jリーグ冬開催反対 

鹿島系blogリスト 

MyBlogList 

リンク 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

Copyright(C) 2006 福鹿☆のーと All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。