九州は福岡で鹿島アントラーズを応援するブログです。 その他にもホークスのことや読書やオススメのお店のことなど。つらつらと。

アクセスカウンター 

プロフィール 

グリケン

Author:グリケン
ブログ名&テンプレ変更しました。
気持ちも新たに鹿島を応援中。

参加ブログランキング 

参加しているランキングサイトです。
よろしければ、↓クリック↓お願いします。





にほんブログ村 サッカーブログへ

カテゴリー 

最近のコメント 

最近の記事 

サイト値診断 

サイト売買のサイトストック

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

天皇杯準決勝。

ヤナギのゴールで勝てました。

モトヤン→興梠→ヤナギと、流れるようなプレーでしたね、
いいゴールでした。

延長のせいで録画の中には入ってませんでしたが。

渦中のヤナギが点取ったりするもんだから
ますます回りも本人も難しくなるんじゃないですかね、判断が。。。

個人的にはなんとしても残って欲しいと思いますが
厳しいんですかね、やっぱり。

天皇杯優勝とかになっちゃうと
余計に踏ん切りつけられそうで怖いんですが。

タイトルは、今読んでる小説十八史略の中から。
中国の故事「鶏口牛後」にならって。
(チョット構成は違いますが)

出場機会を求めてマイナーな外国に行ったり
J2でがんばり続けるカズの生き方も立派だと思いますが
一方で、出場機会が減りこそすれ、
チームの勝利のために、常に準備を怠らず、
仮に出番がなくても、その姿勢でチームに貢献する中山もすばらしいと思います。

前任の本田主将もまさにそのタイプ。
長谷川とかもそうだったのではないでしょうか。

磐田では中山が試合に出たとき、
「あの人(=ゴン)に点を取ってもらいたい」と思う選手も多いときいてます。

願わくは、ヤナギにもそういう選手であって欲しいと思いますし
それは鹿島で実現させて欲しいと思うばかり。

長くない選手生命の中、
一番乗ってる年齢のときに3年も外国で不遇を囲い、
復帰してはなかなか結果を出せず若手の台頭に圧される状況では
選手としては出場機会を求めると言うのもわかるのですが。。。

なんとしても残って欲しい。。。
スポンサーサイト
2007/12/25 00:33|アントラーズ(&サッカー)TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://guriken.blog25.fc2.com/tb.php/1064-f35b2aa0

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

秋春制移行反対!! 

Jリーグ冬開催反対 

鹿島系blogリスト 

MyBlogList 

リンク 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

Copyright(C) 2006 福鹿☆のーと All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。