九州は福岡で鹿島アントラーズを応援するブログです。 その他にもホークスのことや読書やオススメのお店のことなど。つらつらと。

アクセスカウンター 

プロフィール 

グリケン

Author:グリケン
ブログ名&テンプレ変更しました。
気持ちも新たに鹿島を応援中。

参加ブログランキング 

参加しているランキングサイトです。
よろしければ、↓クリック↓お願いします。





にほんブログ村 サッカーブログへ

カテゴリー 

最近のコメント 

最近の記事 

サイト値診断 

サイト売買のサイトストック

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ホーム 全記事一覧

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

Jリーグ ヤマザキナビスコカップ 決勝戦。
vs浦和レッズ戦
1-0で120分の死闘を制しました。


記念すべき15冠目です。

所用で外に出ていたので、
スマフォのワンセグで見た後
家に帰って録画分を見終えたところです。

やはりサポーターとしても優勝は何度味わってもうれしいものです。
選手やチームの皆様に感謝感謝。

現地組の方も今日は気合入ってましたね、
TVからでも、浦和サポの声よりも良く声が聞こえていました。

ツイッターで書きなぐった感想とかぶりますが
ブログのほうでもちょっと感想など。

前半はやや押し気味に進めるも、
どちらかのチームに主導権が行くことはなく0-0。
ゲームが動き出したのはやはり山田(直)の退場から。

ここから怒涛の攻撃が始まり、
いろんなパターンで相手ゴールに迫るも、
今日は相手GKが素晴らしくゴールを奪えない状態。

点を取られる雰囲気はなかったので安心しつつも
「攻め続けても点を取れず、カウンターの一発に沈む」
そんな悪い予感がしました。


そうこうしていると、帳尻合わせのような青木の退場で
さらにゲームがわからなくなってきました。
まぁ、選手コメントを見てみるとこれで
返ってスペースができて攻めやすくなったようですが・・・

とはいえ新井場がCBに入るスクランブル状態でひやひや。
攻撃力のあるチームならやられていたかもしれません。
そういう意味ではFGや柴崎のSB含めてよく急造バックラインが耐えてくれました。


アライバのコメントには笑いを禁じえませんが(笑)

そうこうしていると、FW3人の絡みから最後は大迫。
3人の良さが見事に出たゴール。

どなたかのツイッターで見ましたが
一人一人は今はまだマルキには及ばないかもしれませんが
3人の力を合わせれば大きな力になることを証明したゴールではないかな、と思いました。

その後は早めに鹿島りつつ、
柴崎のシュートなどで追加点を狙っているうちにタイムアップ。

見事な15冠目となりました。

90分で決め切れないあたりが今季を象徴していましたが
120分なら勝ちきるあたりはさすが鹿島だったと思います。

印象的だったのは増田関連の選手起用。

代表にもかかわらず先発できない増田、
その増田を押しのけて先発フル出場した柴崎。
本山を差し置いて最後のカードとしてピッチに入った増田
交代したのはキャプテン・小笠原。

次の世代とさらにその次の世代へ
鹿島魂が伝わっていく、そんな印象の残る試合でした。

一方の浦和も中盤のタレントは豪華。
前監督がちょっと問題だったようですが
新監督は若い世代からの信頼も厚いようで
2,3年後には強い浦和復活の可能性を十分に秘めているな、と思いました。

とりあえず、ナビスコの呪いは鹿島が祓ったので
来年以降もJ1の舞台でしのぎを削りたいと思います。


最後に。

去就不明のオリベ監督ですが
最後の国内タイトルを取って6冠達成。
鹿島史上に残る名監督となっています。

外国人起用には?ですが
若手も確実に目が出てきていますので
オリベ監督でアジアを取りたい、と1サポーターとして願うばかり。
ぜひ来季以降も指揮をとってほしいと思います。


最後の最後に。
右SBですらなく、CBで頑張ったアライバ。
個人的にはあなたがMVPです!
スポンサーサイト
2011/10/29 22:12|日記的TB:0CM:0

 

と、いうことでつらつらと6回にわたって書き連ねた100kmの振り返り。

エピローグではないですけど
振り返って良かった点、悪かった点などを。

二度と歩くことはないと思いますが(笑)
いつか歩くことになるかもしれない自分や、
来年以降完歩を目指している人たちに向けて書き記しておこうかと。




 ◆装備にはお金をかける!
   →よほど体が頑丈でない限り、着の身着のままでは100kmは困難。
     シューズや中敷き、サポートタイツ、
     サポート昨日のついた5本指ソックスなど
     良いと思われるものにはお金は惜しまず。
     1年で完歩できる人もいると思いますが
     いきなりは難しいかもしれないので、
     練習含め、2年かけて歩くつもりで投資すれば
     そんなに高いとは思わないはず

 ◆鎮痛剤は必須!
   →ほんと去年これを知っておけば。。。
    薬剤師に相談してロキソニンがいいかもしれません。
    ロキソニンは4時間おき、バファリンは6時間おき、ということで
    チェックポイントごとに飲むと考えれば
    ロキソニンがちょうどいい間隔で服用できます。
    バファリンだと、飲んでいいのか悪いのかのタイミングが出てくるはずなので・・・
    ただし、ロキソニンのほうが胃に悪いので
    飲む前に食事をするなり、乳製品を飲むなり、胃薬を飲むなり
    胃の保護はしっかりしましょう。
    そうしないと、自分みたいに翌日眠れないほどのい痛に襲われることに・・・


 ◆荷物は軽く。。。
   →100km歩く以上は極力荷物を軽くすることが大切。
     自分の最も悪い癖で、旅行などでも
     用心しすぎであれもこれも持って行きたくなり、
     荷物が多くなるのが今回も。。。
     過去2回に比べたらだいぶ軽くしたものの
     今回は時間つぶしや万一の通信手段として
        ・ケータイ×2台
        ・スマフォ×3台
        ・補助充電アダブタ・モバイルブースター×3つ
        ・ケータイの予備電池×2つ
      を持ってったり
      補充食として菓子類を買い込んでいったのが災い。

     結果、2区以降はお菓子を食べる余裕もなければ
     夜は危なくて音楽も聞かないほうがいいかもしれません。
     よって、この手は最小限でよいかも。

     とはいえ、自分たちの場合、
     会社の参加メンバーやサポート部隊と
     メーリングリストで近況報告を頻繁にしていたので
     ケータイの電池はなくなり、補助充電は活用しました。

     また、夜一人で歩いているときは
     mixiやFBでのコメントが心の支えになるもの。

     そういう意味ではスマフォをもう少し使えたかもしれませんし
     モバブも意味をなしたかもしれません。
     
     全部持参なし、としないでもよいかもしれませんね・・・

 ◆寒さ対策は万全に!着替えは最小限に
    →荷物を軽くするのに、今思えば本末転倒だったけど
      寒さ対策として持参したジャージの上をサポート隊に預けました。
       これがいけなかった。
      上に書いたお菓子や電池類を外すべきだったのに。。。
      
      宇佐を過ぎての第3区は本当に寒かった。
      昼間に暑いからといって、持っていかないのはNG。
      腰に巻いていけば重さも軽減できるので、
      何としても持っていくべきでした。


 ◆休憩は10kmおきに!
   →一度座ると立てなくなる、という思いもあり
     今年は30kmまでノンストップで行ったのが帰って今年はいけなかった。

     10kmおきくらいにちょっと休憩を入れつつ、CPではゆっくり目に休む。

     特に宇佐では仮眠をとるくらいの気持ちで。
     
     10kmおきくらいの休憩が帰ってスタミナを回復できそうな気がしますし

     (でもCP以外では絶対に座らないほうがよいかと)
     宇佐を超えて深夜になると睡魔との闘いで
     結果道端で寝てしまうことになりかねないので
     それならば先に寝てしまったほうがよいのでは、と思いました。


そんな感じで100km歩いた記念に偉そうに振り返ってみました。

来年以降、完歩を目指す方の目にとまり
少しでもお役にたてれば、と思います。

来年以降の、自分自身へのアドバイスとならないことを
切に願いつつ(笑)


これで100kmのお話、最後の最後とさせていただきます。
2011/10/17 22:41|日記的TB:0CM:0

 

さて最終区は約14km。

ここまでの道のりに比べると距離も短く、下り・平たんなコースなので
あと少し、と気持ちを巻きなおします。

が、眠気に襲われ、15分寝て出発するつもりが
気が付いたら1時間近く寝てしまってて・・・

足もこわって、左ひざにかなりの痛みが・・・


cocoストアで朝ご飯を買い、最後のロキソニンを飲み
靴下を履き替えて、改めて出発しました。

ここで設定した目標は22時間台。

11時30分までにゴールすれば間に合うペース。

夜の寒さと打って変わり、天気の良さも手伝って一気に気温が上がりました。

左手に別府湾を見ながら歩きましたが
景色が変わらないこともあって、1kmがこれまでの倍くらい長く感じました。

歩いても歩いても距離が進まないもどかしさを感じながら歩くので
意外とつらい区間でしたね。

ZARDの「負けないで」をエンドレスリピートしながら
一人24時間テレビな感じで歩き続け
何とか11時過ぎにゴールできました。


最後のほうはあっさりしてますが
正直意識もうろうとして、よく覚えていないんです(笑)


ゴールでは先にゴールした人やサポートに回ってくれた人など
会社の人たちがお祝いをしてくれました。

あー、これでもう歩かないぞ、と固く心に決めながら
ビールで祝杯をあげ、次にゴールする人たちを待ちながら
またしても睡魔に襲われ、由比ヶ浜の公園で眠りについたのでした。。。
2011/10/16 10:53|日記的TB:0CM:0

 

第3区は日出まで。

途中、立石峠、七曲、赤松峠と三つの峠を越えるハードな区間。

ところで、宇佐のCPをスタートする時に
股に痛みを感じまして。

ズバリ、股ずれしてました・・・


痩身のため、股ずれとは無縁と思いつつ
念のため、ということで馬油を塗ってたけど
塗る場所間違えてました。

てっきりお尻のほうにできると思って塗ってたんですが
足の付け根のほうとは・・・

手遅れと思いつつ、馬油を足の付け根にも塗りつつ
二度目のロキソニンを飲んでスタートしました。


初めての道のりですが、ここは今までで一番つらかった。

夜の暗さ(光がほぼなくなります)、
寒さ、長い登り、眠気などと闘い続けるわけで。

特に今回は荷物を軽くするためにジャージの上をサポート隊に預けてたのが響いた・・・
寒くてたまりませんでした。

ここで力をもらったのはネットの力。
サポート隊の方とのメールのやり取りや、
twitter,facebookでのメッセージのやり取りなどが
かなり気を紛らわせて、折れそうになる心を支えてくれました。


立石峠を下るあたりから同じように眠気と戦い
睡魔に勝てなかった人が道端でよく寝てました。

進路の邪魔になるほど堂々と寝てる人もいれば
近づいて「そこで寝る?」というほど見えない場所で寝てる人もいて・・・
危うく踏んづけそうになることも。

かく言う自分もとうとう睡魔に勝てず
数少ない該当の柱にもたれかかり15分ばかり寝ました。
道端で眠ったのは人生で初めてだったかも。

15分でも寝るとすっきりするもので、
多少元気を取り戻しいよいよ七曲へ。

バナナで元気を補給し、杖を受け取り登り始めましたが、
さすがの名所。
あまりの急こう配に二曲がり目で息が上がりへろへろ。
ここで一気に足の体力を奪われました。

ちょうど登り切ったあたりで夜が明け始め
長い下りをゆっくりと下ります。

無事に降りたところが約80km。

ここから最後の赤松峠に向かいますが
正直、七曲で力を出し切った後だったので
ハーモニーランドのわきを抜けるまでの長い登りが一番つらかった。

ロキソニンの効き目も薄れ、時速で行くと4kmまで落ちてたと思います。

なんとか登りきって、あとはまた下り。
日出のチェックポイントに着いたのは朝の7時ころでした。
2011/10/16 10:53|日記的TB:0CM:0

 

第2区は宇佐までの26km。

2年連続ここで力尽きてますので、今年こそ突破したいポイントでした。
一つ目の目標が「制限時間内に宇佐CPのうどんを食べる!」でしたので。

去年、リタイアの原因となった足首から脛にかけての痛みの予防として
事前にバンテリンの湿布を貼り、
とっておきのロキソニンの1錠目を飲んでからスタート。

ロキソニンが効いたのか、スタート直後のような体調に戻り
順調に歩を進めていきました。


途中、会社の方のサポート部隊のサポートに元気をもらい感謝感謝。

宇佐市に入ったところで、家に電話。
長女の頑張ってコールでさらに元気が出ましたが
上の子の調子が悪い、という情報もあり少し心配しつつ。。。
 (結果的にはおたふくかぜで1週間保育園を休むことに。
  そんな状態なのにほったらかしで歩いててすまん・・・)

約10時間弱でちょうど半分の50kmを通過の後は
去年、心が折れた宇佐神宮を華麗に通過。
(神宮手前の長い登りで心が折れた・・・)

そして、日が変わって午前零時30分に宇佐CP到着。

去年よりも3時間30分以上早くCPにたどり着きました。

第一目標である宇佐CPのうどんもばっちり食べれましたよ。


そして未知なる領域、難所・七曲のある第3区へと向かうのでした。
2011/10/15 11:12|日記的TB:0CM:0

 

第1区は中津までの36.1km

ここは過去3回、軽くクリアできているコース。

スタートはウェーブスタートで
後ろのほうにいると1時間以上待たされるので
少し前目に割り込んでスタート。

そうそう、スター高橋さんも同じくらいに出発してました。


基本的にいつものコースと思いきや
海沿いのコースがやや迂回していてましたが
去年までは細い山道みたいなところを行くコースだったので
それに比べたらマシになってたかな、と。

時速5kmを意識してましたが
練習の成果もあってかどうしてもオーバーペース気味に。

それがたたってか、去年よりも足に疲れが来るのが早かったように思います。

例年、応援していただける豊前の得意先のお店で一度だけ休憩をとり
中津駅に着いたのが19時10分。

約6時間半での到達でした。

途中、救急車で運ばれている方もいらっしゃったので
やはり自分の体調管理は大切だなぁ、と思いました。。。
2011/10/15 10:56|日記的TB:0CM:0

 

歩き出す前に軽く装備のお話。

道具に頼る傾向のある自分としては
過去2回のリタイアを踏まえ
今年は装備にも少しお金をかけました。

具体的には

 ・CW-Xのスポーツタイツ
 ・多機能リュック
 ・シューズの中敷き
 ・キャップ
 ・ロキソニン

などなど。

結果としては完歩できたので、効果はあったと思いますが
一番大きかったのはロキソニンだったかもしれません。

痛み止めなしでは歩けませんでしたね。。。
2011/10/15 10:56|日記的TB:0CM:0

 

と、いうことで、毎年 体育の日恒例の行橋~別府100kmウォークに参加してきました。

備忘録的に何回かに分けて書き留めたいと思います


前回から12時スタートになった大会。
去年までは小倉勤務だったので新幹線定期があり
新幹線使って行橋まで行っていましたが
今年は転勤後ということで博多駅からソニックに乗って一路行橋へ。


8時半に姪浜から地下鉄に乗りましたが
姪浜駅にも参加者であろうジャージ姿の人がちらほら。
妙な仲間意識を持ちつつ、ちょっと嬉しくなりました。
そうそう、姪浜駅で携行食を買い込みましたが
結果としてはグリコアーモンドキャラメルくらいしか食べる余裕がありませんでした(笑)


博多駅からはソニックへ。
ここまで来るとかなり参加者と思しき人が増えてきて
座席も満席状態でした。

ここで一つ事件。

後ろの席に座っていたのが100km初参加らしい4人の女子大生。
車中、やかましくて眠れなかったのでイラっときてたのですが
さらにイラっとする出来事が。

ソニックは前の座席のヘッドレストのところにチケットホルダーがあり
多くの人はそこにチケットを指してます。
また、ソニックは小倉で進行方向が変わるので座席の向きを変えます。
その際、チケットホルダーのチケットも移動しないといけないんですが
女子大生たちが忘れていたようなので、忠告をしてあげたんです。

その時には、「ありがとうございます」といってちゃんとチケットを治してたのですが

そのチケット、見当たらなくなったんでしょうね、探し始めた様子。

説明がしづらいんですが、
向きを変えたことで、
自分のチケットはその女子大生が座っている席の
ヘッドレストの後ろ側のホルダーにさしてあるわけです。

言うに事欠いて「そのチケット私のじゃないですか?」と聞かれまして。
むっとはしましたが「いいえ、私のです」とはっきり答えました。

その後もバックの中などを探していたようですがないようで・・・

しばらくすると、赤ちゃんを抱えた方がいたので、
自分は席を譲って車両の後ろのほうで立ってました。

そうこうしているとまたその女子大生が自分のところに来て
「そのチケットの発券場所を見せてくれ、福岡大学になってませんか?」とかいうわけですよ。

明らかに疑っている!!


頭にきて発券場所を見せつけてやりました。

そこまで失礼なことをしているのに
たいして詫びることもなく席に戻る女子大生を見て
世が世なら打ち首レベルと思いながらテンション劇落ち。

ここまで腹たったのは久しぶりでした・・・


そんなこんなで、100kmとは関係のない話が長くなりましたが
そうこうしつつ、いつものスタート場所、行橋の正八幡へとたどり着くのでした。
2011/10/15 10:55|日記的TB:0CM:0

ホーム 全記事一覧

秋春制移行反対!! 

Jリーグ冬開催反対 

鹿島系blogリスト 

MyBlogList 

リンク 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

Copyright(C) 2006 福鹿☆のーと All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。