九州は福岡で鹿島アントラーズを応援するブログです。 その他にもホークスのことや読書やオススメのお店のことなど。つらつらと。

アクセスカウンター 

プロフィール 

グリケン

Author:グリケン
ブログ名&テンプレ変更しました。
気持ちも新たに鹿島を応援中。

参加ブログランキング 

参加しているランキングサイトです。
よろしければ、↓クリック↓お願いします。





にほんブログ村 サッカーブログへ

カテゴリー 

最近のコメント 

最近の記事 

サイト値診断 

サイト売買のサイトストック

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ホーム 全記事一覧 次ページ >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

久々の記事が鹿島ネタではなくゴーカイジャーという(^-^;)

子供につられて見てたゴーカイジャー、
結局、子供なみにはまってしまった。


ワンピースな設定に
過去の戦隊ものに出てた人が本人出演で出てくる演出で
少なからず親層もターゲットになってたと思いますが
見事に撃ち抜かれましたね。



ストーリーの進行に35の戦隊を絡ませないといけないため
52回では無理があったのか
バスコを倒した後はかなり雑な進行になりましたが
それでも最後まで楽しめました。

映画出演もシンケンジャーvsゴセイジャーの仕込みから入れると
5回と人気も裏付けられられてますね。

よそのお父さんもきっとはまっていたんでしょうね。


最後は凱を地球に残すようにして
お別れシーンとかあると思ったけど
敢えて連れて行って、正月休みのくだりを入れるなど
“らしさ”も残しましたしね(^_^)

終わったのは寂しいですが
春には全仮面ライダーとの対決映画もあるので
子供連れて見に行くようにしたいと思います。



次の、ゴーバスターズはギャバンの流れとか??
さすがに今度ははまらないだろうな。。。
スポンサーサイト
2012/02/19 10:01|映画(&テレビ)TB:0CM:0

 

TV&ブルーレイを買った記念に
いい映像で見ようと楽天でぽちっとしたトリロジーセット。
年末年始の休みを利用して家族で一気に鑑賞しました。

予備知識全くなく見たので
子供向け、と思ってましたが
大人が(も?)見て楽しめる内容でしたね、特に3は。

3の最後のほうは嫁さんと二人で号泣でした。

3はおもちゃの世界でありながら
本当にハラハラドキドキの展開から、
しんみりしたラストまで
本当に名作だと思います。

3まで見ると、2の存在意義がより際立ちますね。

子供が4歳と1歳で、ほぼ意味がわかってないようですので
もう少し大きくなって、もう一度家族そろってみてみたいな、と思います。


本当に名作でした。
2011/01/03 09:27|映画(&テレビ)TB:0CM:0

 

舞台「巌流島」や
大河「新撰組!」の「寺田屋大騒動」に代表されるような
いかにも三谷さんらしいストーリー。

勘違いを軸に進んでいきますが
名優の競演が見事で、テンポ良くストーリーが進んでいきます。
笑いのポイントも多かったですよね。

佐藤浩市ってこんな演技もできるんだな、と。

ナイフなめるシーン&指鉄砲のシーンとか
最高に笑えました。

「有頂天ホテル」が、キャラ一人ひとりの背景を盛り込みすぎて
テンポが悪かった、と思ってただけに
本作のテンポのよさは際立ってたかな、と。

三谷さんの映画の中では一番笑わせてもらいました。


ちょっと笑いたいときにはおススメの映画ですね。
2010/05/07 23:42|映画(&テレビ)TB:0CM:0

 

「ゲゲゲの鬼太郎」シリーズでずっと目玉おやじを演じてきた田の中勇氏、死去



声優さんは本当に替えの利かない存在の方が多い。

田の中さんもその一人かと。

ご冥福を祈るばかり。



クリカンのように、モノマネから始まったとはいえ
見事にイメージを引き継いでくれたルパン(山田康雄さん)のような
パターンはあまりないのかもしれませんが、
ファンとしてはある意味そちらのほうが幸せなのかもしれません。

ドラえもんなんかは完全に別の声になっちゃったし。


野沢さん、神谷さん、小原さん、永井さんなどなど
いつまでもお元気でいていただきたいものです。


本当にみなさん、かけがえのない存在ですから。。。
2010/01/15 23:48|映画(&テレビ)TB:0CM:2

 

今日、フジテレビで放送されたドラマ50年史。

テレビっ子としてはたまらない企画でした。

ゲストも豪華で、あれだけの人が一堂に会しただけでも
価値のある番組だったのではないでしょうか?
(生でやる必要があったのかどうかは別として)

いろんなドラマに思い入れがあり、
書き始めるときりがないですが
今回、一番「キター」と思ったのは「世にも奇妙な物語」の話。

結構、見てるんですがタモリのあげた「ずんどこべろんちょ」は
自分の中でも一番印象に残っているお話。

それがタモリとかぶっているのが笑ってしまいました。


今でもたまにgoogleで検索かけてみたりしますから。


どーでもいい話ですが、そんなお話。

さぁ、寝よう。
2009/04/07 00:11|映画(&テレビ)TB:0CM:0

 

入院ドックのホテル暮らしを利用して
昔撮った「ノッティングヒルの恋人」を鑑賞。

PCで見るつもりでDVDに落としてたんですが
なんと、プレイヤー&液晶テレビ完備のため
大画面で鑑賞できました。
(といっても、録画は4:3なんですが・・・)

べたなストーリーで
安心できるハッピーエンド。
ちょっと「ローマの休日」ぽい感じもあり。


こういうの、好みです、個人的には。

展開が急な所とゆったりなところとの差が激しかったですが・・・
(初対面の人に、いきなりキスするってなかなか(笑))
ま、それ言っちゃ、映画なんて見れないんでしょうけど。

あいだあいだにちょっと小ネタを挟んでるところもおもしろかったです。

「ノッティングヒルに行ってみたいな」、という思いと
「ラストシーン、真似してみたいなー」という思いと。


そんな感じの感想です。

「べたでいいので純愛映画を見たい」という方にお勧めです。





そういえば、「スタアの恋」ってこれがベースになってるんでしたっけ?
あれも、「いかにも」な感じのドラマでしたが
結構良いドラマでした。

久しぶりに見てみるか。。。
2009/02/25 00:02|映画(&テレビ)TB:0CM:2

 

ミュージカルやミュージカル映画が
苦手、嫌いな、というよりもそういう先入観を持っている人に
おススメです。

笑いあり、涙あり。
サクっとみれます。

映像もきれいで印象的。
エーゲ海沿岸の風景に心が和みます。
(個人的には新婚旅行で行ったカプリ島を思い出しました)


すべての女性をハッピーにする、という触れ込みがあったと思いますが
男性だってしっかり幸せな気分にさせてくれます。
(きっと女性のほうが共感できる部分は多いと思いますが)


個人的山場はやっぱりダンシング・クイーンのシーン。

大勢で踊るダンスは圧巻。
なぜか涙腺が緩んでしまいました。
あとは結婚式の準備をするシーンでの親子の会話のシーンにも。

でも、最後はしっかり笑顔で終わらせてくれる展開なので
ちょっと沈んだときに見れば
気持ちが上向きになりますね。

かなりおススメです。





惜しむらくは劇団四季の舞台が見れなかったことかな。
まだまだ子供が小さかったので・・・

他所の公演では1年以上やってたのに
福岡だけ4ヶ月って。。。

CFYでもマンマ・ミーア!でもいいので
ぜひLK以外もロングラン公演してほしい、と思いました。
話はそれましたが・・・
2009/02/05 16:34|映画(&テレビ)TB:0CM:0

 

という、笑い飯・西田の叫び。
ファンとしても同感です。

笑い飯を決勝で見たかった。
今年もみれずに残念。

キングコングがだめだった時はいけたと思ったのに・・・
オードリーよりかはおもしろかったとは思うんですが
紳介のいうように、好みの問題でしょう。

今年はレベルが高かった、全体に。
NON STYLEの優勝も納得です。
おもしろかった。

ここ何年か続いた審査員の考えを無視したところでの
制作側の意図を感じるような出場者はなく
(例えば、素人コンビや5人組など。
 それが悪い、というのではなく、他にもっと面白いところはいたはず、と思うわけです。)
純粋に漫才による勝負楽しめた、という点では
M-1の本来求める形に戻ったと思います。

来年以降もぜひこの形でお願いしたいと。

それにしても、笑い飯は残念。
アメトーークでの蟻ネタとかよかったのになー。
まっちゃんが言うごと、もう出ないほうがよいのかも。。。
とはいえ来年も期待しますけどね。

もう一つ、期待のモンスターエンジンもいまいち不発。
でも来年はブレイクしそうな予感ですので
笑いのポイントを7つから倍増させるくらいの頑張りを期待しつつ
また1年、楽しみに過ごしましょう。
2008/12/22 00:43|映画(&テレビ)TB:0CM:0

 

『アメトーーク!』ゴールデンSPで“スラムダンク芸人”するらしいですね!


ドラゴンボール、ジョジョ、キン肉マンなんかがあってるので
とっくに終わってる企画と思っただけに
まだやってなかったとは。。。


と、いうわけで、番組とは全然関係ないですが、
自分的スラムダンクお気に入りシーンベストファイブを。

▽続きを読む▽
2008/09/05 12:03|映画(&テレビ)TB:0CM:0

 

今更ですが、インディージョーンズの第1作を見てみました。

全体的に昔の映画っぽさはありますが
(当り前か)
公開当時にこれを見てたら相当衝撃を受けてたでしょうね。

最後のほうのCGとか、リアルというかグロテスクというか。
今の映画では結構自主規制かかっちゃうようなレベルでしょうか?

それと、結構簡単に人の命がなくなっていくなー、と。
“倒す”ではなく“殺す”ですからね。
単なる考古学者がそれでいいのか、と。

大学で講義受けてる学生はそれ知ってるのか?

なーんて突っ込みどころは満載ですが
なるほど、人気のシリーズであることが分かる作品でした。

次は魔宮の伝説かな??
2008/08/20 09:48|映画(&テレビ)TB:0CM:0

ホーム 全記事一覧 次ページ >>

秋春制移行反対!! 

Jリーグ冬開催反対 

鹿島系blogリスト 

MyBlogList 

リンク 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

Copyright(C) 2006 福鹿☆のーと All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。